リアル体験の魅力

昔の時代、またこれが出て来てしまったということがありましたが、その現実は未だ変わらないようです。いろいろなガチャガチャの機械で体験をしている分には、重なる率も非常に低くなるものの、同じガチャガチャで、全8種類を全部揃えたいという場合、最後の一つがなかなか出てこないで、同じモノをいくつも持っているというケースも当然出て来てしまうことになります。

キャラクターのモノなど、一度購入すれば、全部揃えたいという心理も決して理解出来ない訳ではありません。

ガチャガチャを友だち同士で交換するケースも多いようです。ガチャガチャに子供さんが熱中してしまって、お金を無駄遣いしてしまうことにも問題はあるかもしれませんが、今時の子供さんは、そのような遊びに向きあうよりもバーチャルな体験をしている方が楽しいと感じているかもしれません。

スマートフォンでゲームに熱中しているよりは、お父さんお母さんも、ガチャガチャの方がよっぽど健全と考えるのかもしれません。そして、ガチャガチャをお母さんやお父さんだって楽しいと思い、親子のコミュニケーションがここに存在することが出来ます。ガチャガチャには、昭和の懐かしいニオイも残っていますしね。